秦野で整体、骨盤矯正、O脚矯正なら工藤カイロプラクティック・整体院。産後の骨盤矯正や妊婦整体。渋沢、東海大学前からもどうぞ。

産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正

このような症状の方

産後の骨盤矯正
  • 腰痛
  • 股関節痛
  • 恥骨痛
  • 尾骨痛
  • 骨盤や股関節がグラグラする。不安定な感じがする

当院の思い

産後のママさんは寝る間もないほどの忙しさです。育児に追われ自分の事は後回し。体が痛みや疲れなどで悲鳴を上げていても気付かないほどです。いや、気付いても余裕がないのかもしれません。

当院は産後の骨盤矯正の施術経験が豊富です。それは私が以前、託児所併設のカイロプラクティック院で働いていたからです。

その時に多くのお母様方を担当し間近に見て「母親の大変さ」「そしてお子様への愛情の深さ」をとても感じました。

お母様方が痛みやコリ、疲れから解放され充実した育児を送れる事が私の願いです。
そしてそのお手伝いができましたら、大変嬉しく思います。

産後の骨盤とは

出産直後の骨盤は緩く不安定です。

体の中心であり背骨の土台でもある骨盤がグラグラのまま、お子様を抱きかかえたり授乳したりするので腰や骨盤周辺、股関節などにかなりの負担がかかります。

また、妊娠中にお腹が大きくなる事で引き伸ばされてきた腹筋は衰えています。ホルモンの影響や運動量の低下などで下半身やお尻の筋肉も衰えています。これらの筋力低下も腰や骨盤周辺、股関節などへの負担が増加する原因になります。

要するに産後の骨盤は緩く、さらにサポートする筋肉も衰えているのです。

骨盤が開いたまま!?

産後の骨盤と言うと「骨盤が開いたままなのではないか」「骨盤を締めたい」などと思うかもしれません。

しかし、実際に骨盤が大きく開いたり閉じたりする事はありません。当然、出産時には開く(緩む)のですが、それも出産直後から1年で徐々に締まってきます。

骨盤の繋ぎ目の動きは数ミリ程度です。仮にガバッと開いたとすると相当痛いです。と言うか歩けないでしょう。事故にでも合わない限り、そのような状態にはなりません。

「骨盤が開いたまま!」と感じたり実際に骨盤周りが太くなったのは、体重が増えたせいと腹筋や臀部の筋肉が衰えたためです。それを改善するにはご自身でエクササイズをするしかありません。

骨盤の変化

上記のように「緩んだ骨盤」は産後徐々に締まってきます。
ただし、骨盤が歪んだまま締まり定着してしまうと、腰や骨盤周辺、股関節などに負担がかかり痛みが生じるのです。

施術により骨盤が整うと腰や骨盤周辺、股関節などへの負担が少なくなり痛みが解消されます。

骨盤矯正では痩せません

  • 骨盤矯正をすると体重は落ちますか?
  • ウェストが細くなりますか?
  • 脚が細くなりますか?

上記の事は、よく患者さんから聞かれることです。結論から言うと骨盤矯正をしても痩せたり、ウェストが細くなったりはしません。そのような目的の方は、ご自身でエクササイズをされるか、ダイエットがメインの整体院に行く事をお勧めします。

また、「産後だから何となく骨盤矯正をした方が良いかな~」という方も、当院の施術方針には合いませんので、ご了承ください。

当院の骨盤矯正は、あくまで症状改善を目的としています。

施術方針

当院ではソフトな方法で骨盤矯正をしていきます。産後の骨盤は緩みがあるので強い方法には向かないからです。痛みは全くありませんのでご安心ください。

さらに骨盤矯正では施術に加えエクササイズが重要になってきます。患者さんの状態を診て「こういう姿勢だから、このストレッチをして下さい」「この筋肉が弱いので、このエクササイズをして下さい」という様な指導をします。

骨盤矯正に適した時期

出産直後(産後すぐ)から受け付けています。歪みが定着する前になるべく早めに受けていただく事をお勧めします。
しかし、産後いつまでに受けなければいけないという訳ではありません。産後でなくてもかまいませんし、男性でも骨盤矯正は受けられます。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional